フィンテックは、新型コロナウィルス感染症が広がりを見せるよりも前、世界中の人がエンターテインメントから銀行取引まであらゆることをデジタル上で行うようになった 2020 年前から急速な高まりを見せていました。このトレンドが近い将来も続きそうななか、2022 年末までにアメリカ人の約 65% が何らかのフィンテックサービスのユーザーになると予想されています。

同時に、フィンテック企業は独自の課題に直面しており、課題を無視すれば、成長の妨げにもなる可能性があります。この記事では、2022 年に成功するフィンテック・マーケティング戦略を構築するための 4 つの重要なステップを紹介します。

 

New call-to-action

フィンテック・マーケティング戦略ステップ1:ブランディング

フィンテック企業は高いハードルに直面しています。挑戦者として、消費者が『従来型の銀行から離れることへの抵抗』を乗り越えられるための工夫が必要です。フィンテック企業は、この問題を克服するために、顧客中心のアプローチでブランディングを行う必要があります。フィンテック企業のユーザー固有のペインポイントを理解した上で、覚えやすい会社名から、親しみやすく心地良いブランド色まで、あらゆる細かいところにこだわってデザインすることが必要です。

ビッグテック企業に対する不安、セキュリティ上の懸念、および不確実な経済における金融不安などで、従来型銀行からフィンテックへの移行は、消費者が大きな決断のように感じるかもしれません。パワフルなビジュアル・ブランドをデザインすることは、フィンテック・マーケティング手法としても有効であり、企業の信頼性を世界に発信する重要な方法でもあります。フィンテック企業にとって、消費者の信頼を高めることが最優先事項であり、一貫したコミュニケーションの取れるブランド体験は、より高い信頼感を生み出すことに役立ちます。

次のステップに進む準備はできていますか?「フィンテック・マーケティング:究極のガイド」をご覧ください。

フィンテック・マーケティング戦略ステップ2:コンテンツ開発

フィンテックに対する消費者の不安を払拭するためには、教育的コンテンツの提供も重要な要素です。金融コンセプトがどれほど新しいものであっても、あるいは消費者がより賢く消費・貯蓄・投資することを支援する場合であっても、強力なコンテンツ戦略が必要です。 そうすることでユーザー獲得率を高め、収益を高めることに繋がります。フィンテック企業のマーケティング戦略にコンテンツを組み込む方法は、以下のとおりです。

ブランド雑誌

印刷物やデジタル雑誌などのワンストップ・リソースを作成することは、ブランドに関する知識をお客様に届けるのに優れた方法です。 様々なコンテンツで最新の情報や関連するビジネス知識を顧客に提供すると同時に、重要な会話を喚起することができます。たとえば、カナダの投資管理プラットフォーム Wealthsimple は独自のブランド雑誌を作成し、さまざまな投資の話題について消費者にひらめきを与え、教育しています。

ガイドとチュートリアル

初心者をサポートすることは、フィンテックに精通したユーザーをサポートすることと同じくらい重要です。金融関連の話題の入門コンテンツおよび説明書を提供することで、好奇心旺盛な新規顧客に共通の認識を持ってもらえるだけでなく、ブランドの伝道者になってもらうことも可能です。暗号通貨交換プラットフォーム Coinbase は、初心者レベルのチュートリアルと高度なコンテンツをうまく組み合わせて、カスタマージャーニーのすべての段階に適したリソースを提供しています。

ソーシャルメディア

フィンテック企業の多く(およびそのオーディエンス)がアプリ中心であるため、ソーシャルメディアはフィンテックにとって当然注力すべきコンテンツマーケティング手段です。それにより、プラットフォームのベストプラクティスと、お客様のさまざまなニーズに対応するブランド一貫性のあるエクスペリエンスとのバランスを効果的にとることができます。

AI を搭載した予算管理アプリ Cleo は、その生意気なブランドボイスと、Instagram ユーザーが好むミーム形式を組み合わせて注目を集めました。

フィンテック・マーケティング戦略ステップ3:データを予測する

Apple の新しいプライバシー規制で、フィンテック企業は時間をかけて、将来アクセスできるデータとアクセスできないデータのタイプを予測する必要があります。フィンテック・マーケティング戦略を構築すれば、データの重要性は増す一方です。銀行は、新規顧客の開拓にデータを活用する一方で、既存顧客の機密情報を保護する必要もあります。

iOS 14.5 のリリース以降、ほとんどのユーザーが追跡されないことを選択しています。ユーザーレベルの情報がないため、マーケターはアプローチを見直して、アクセスできるデータを最大限に活用する方法を考え直さなければならなくなっています。。フィンテック企業は、事前に計画を立てることで、コンテクスチュアルデータやファーストパーティデータなどのデータタイプを活用した堅牢なマーケティング戦略を構築できます。

 

フィンテック・マーケティング戦略ステップ4:成長をはかる

成長を実現するには、フィンテックマーケティングキャンペーンがどれほど魅力的であっても、戦略の全体像を把握する必要があります。そのため、持続可能な成長を犠牲にして目の前のユーザーを獲得するのではなく、スケーラビリティを中心に考えるべきです。スケーラブルな利益と成長を両立するために、フィンテックはユーザー獲得チャネルの適切な組み合わせを見つける必要があります。ここでは、フィンテックユーザー獲得チャネルの組み合わせを構築する際に考慮すべき要素をいくつか紹介します。。

  • 測定可能:ユーザー獲得戦略を何となく推測するのではなく、企業の重要な成長指標を追跡・測定可能なチャネルに焦点を当てます。
  • 多様化:ユーザー獲得ソースを多様化することで、競争優位性を維持し、進化するフィンテック領域に対応する機敏性を十分に備えておくことができます。

  • ROAS 中心:ROAS (広告費用対効果) を優先して、成長と収益を直接結び付け、成長を促進するチャネルに時間とリソースを投資する。

フィンテックそのものが今特定の課題に直面していても、このステップを踏めば、フィンテック・マーケティング戦略の構築と成功がぐっと近づきます。また、パートナーと協力することも役に立ちます。ここで Moloco が登場します。ダイナミックな広告クリエイティブから透明性の高いマーケティングソフトウェアまで、フィンテック・マーケティング戦略を最大限にできるような実行にご協力いたします。もっと知りたいですか?こちらから今すぐお問い合わせください。